BTOパソコンは拡張性に優れ2台目PCとして最適!

BTOパソコンの魅力は値段ではなく拡張性

自作、BTOパソコンっていうと一昔前だと価格がリーズナブルという印象がとても強いものでした。しかし最近はメーカー品もお値段がかなり安くなり、価格だけでいうとそこまでの差はなくなっています。

 

では何がいいかというと拡張性です。例えばパソコン購入時テレビ録画なんて必要ないと思って録画機能がないものを購入したとしても、後日テレビ録画出来たほうがいいなあと感じることもあるでしょう。BTOパソコンだと地デジチューナーを簡単に付けて録画出来るように出来ます。

 

また、テレビ番組を録画するようになるとHDDの容量を増やしたいと感じるでしょう。外部HDDの外付けでも対応できますが、BTOなら内臓HDDの入れ替えや追加で済みます。無駄なスペースも取りません。オンラインゲームをしてる場合、購入時は十分な性能のビデオカードでも数年経てば新しいビデオカードじゃないと力不足に感じたりもします。メーカー品なら交換は出来ませんが、BTOだとビデオカードを交換するだけで簡単にグレードアップ出来てしまうんです。

 

本体価格はそれほど安くはなくても買い直すことを考えれば後々安くすむわけで、こういう拡張性がBTOパソコンの最大の魅力でありお勧め理由です。

BTOは2台目にベスト

BTOバソコンというのは、2台目のパソコンとして物凄く優れています。

 

最初に購入することになって初めて触れるパソコンというのはどうしても使い方がわからなかったり、仮にある程度使いこなせ出しても独力ではどうにもならないエラーの数々に悩まされたりするものです。やはりそんな時は、保障もサポートも充実しているメーカー製のほうが安心です。

 

しかしそれらのトラブルを乗り越えて2台目のパソコンともなると、いい加減起こった問題をググったり調べたりできるようになっているはずでサポートの重要性が大幅に低下します。こうなると拡張性のなさやプリインストールソフトの数々が鬱陶しくなります。CPUが弱かったりストレージがSSDでなかったりする場合、余計なソフトが起動をいちいち重くする事になる上せっかく削除してもリカバリ時に復活もしてしまいますしね。

 

そこでBTOです。BTOであれば余計なソフトが一切なく、自作用パーツの組み立て済みでもあるため後から改造もしやすいのです。まあ、慣れてないと危ないという意味でも2台目によい、と言うことですが。