BTOパソコンのカスタマイズであるグリスってなに?

意外と重要!グリスの働き

グラフィックボード、CPU、メモリ、ストレージなど中核パーツばかりに目がいってしまうPCパーツですが実はPC寿命を延ばしたり安定性を高めるためにグリスって意外と重要だったりします。今回はそんなグリスの役割について解説!

 

BTOのカスタマイズ項目でも見かけるグリスはCPUに塗布して利用します。グリスの主な役割はCPU熱をクーラー側に正しく伝える役割のあるパーツと言えます。単純に動作などに影響を与えるパーツではありませんがCPUの熱処理に大きく貢献してくれているのがグリスになります。

 

基本的に購入したパソコンには最初からグリスが塗布されています。なので自分で何かしてグリスを塗る必要はありません。しかしグリスは消耗品です。時間経過によって劣化してくるので1年〜3年程度で新しく塗布するのが良いとされています。これはパソコンの使用頻度によって異なります。

 

グリス不足によるPCトラブル

グリスが劣化、不足すると冷却性能に支障をきたすケースが出てきます。そのためCPU温度が高く上昇したり熱伝導が上手くいかずにファンが急速に周り静音性が悪くなるなどトラブルが起こってきます。

 

もしモニタリングツールを使っていて昔よりCPU温度が上がった…ファンの回転がうるさくなったと感じていたらグリスが消耗している可能性があります。一度側面パネルをあけてCPU、CPUクーラーの間にあるグリスを確認してみましょう。

 

グリスはどれがいいのか?

グリスは複数の種類があり熱伝導率に差が現れてきます。価格の安い順に並べるとシリコン、セラミック、シルバー、ナノダイヤモンドになります。素材によって価格は高くなり熱処理能力も向上していきます。高いと言っても数千円程度なのでできれば良いグリスを使うのがオススメです。

 

ただし良いグリスも消耗していれば熱処理に大した効果を発揮してくれません。できるだけ小まめにチェックして消耗していればその都度、新しく塗布するようにしましょう。一番良いのはナノダイヤモンドですが頻繁にグリス交換をする人はグレードを落としてシリコン、セラミックでも十分な効果を発揮してくれます。