ノートPCはCPU交換ができないので初回購入時に長く付けるモデルを選ぶ!

低スペックノート型PCは後で絶対に泣きを見る…

パソコンというのは筐体サイズが小さくなるほどに購入後のカスタマイズが素人では難しくなってきます。デスクトップはまだ良いですがノート型サイズからあれを交換したい…あれを増強したい…なんて考えても不可能が場合が多いです。そのためノートパソコン購入時はできるだけ長く安定的に使える搭載パーツを積んだパソコンを選んだりBTOカスタマイズするようにすることが鉄則です。

 

特にCPUはできれば高性能モデルを選ぶようにしましょう。CPUといえばパソコンの処理能力に最も関わるパーツです。デスクトップ型なら内部スペースにゆとりがあるので作業もしやすく交換も容易にできますがノートパソコンでは上手くいきません。そしてCPUは性能によって形も変わってきます。特に低スペックなCPUから高スペックCPUに変更はほぼ不可能です。

 

後で後悔しないためにもノートパソコンの場合、CPU性能には最初からこだわって選ぶことが賢いと言えます。仮にCPU交換ができたとしてもデスクトップより複雑な回路になっているノート型PCでは周辺機器を紛失したり、傷つけたり、蓋が閉まらなくなったりとトラブルが多いです。ノートPCのCPU交換は素人、中級者でもリスクが大きな作業となります。

 

ノート型PCのCPUはスペックで選ぼう

私の意見も混じっていますがCPUはできるだけ高性能モデルを選ぶ方がパソコンの動作が快適になります。CPUはパーツの中でも高価な部類に入ります。高性能なほど価格も値上げします。なので性能、コスト重視にするか悩みどころですが常に最新モデルのハイエンドを選んでおけば確実に数年間はCPU性能が不足に陥ることはないでしょう。

 

ちなみに個人用としておすすめのCPUはやはり我らがIntel社製のCore i7シリーズではないでしょうか。このモデルなら動画編集、画像編集、エンコードなども素早くパソコンが処理をしてくれます。デスクトップ、ノートのどちらもにおすすめのCPUと言えます。